<< ヒョウ柄は、おばちゃんのファッション? | main | 新ドラマ・プロポーズ大作戦のあらすじとネタバレ(笑) >>

スポンサーサイト

  • 2014.06.28 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


子供の髪型を何とかしたい!

子供の髪型に凝るママさんが増えているみたいですね。どっちかというと
女の子のお子さんをお持ちのママは子供の髪型を気にするかもしれません。

自分の子供のころをふりかえると母親が髪の毛を切っていたので坊主でした。

子供の髪型が坊主ということは、それはただ単に坊主のほうが経済的だからと
いう理由であることがほどんどではないでしょうか。

子供の髪型にいちいちお金なんかかけていられないですから!

せいぜい、10分1000円のQBハウスで切ってもうら程度ではないでしょうか。

でも10分1000円って良く考えるとそんなに安いものではないんですけどね。

私も安いのでQBハウスにいきますが下手糞です。かなり。でも子供の髪型を
整えるくらいであれば十分ではないでしょう。

子供を床屋や美容室にいかせるのは男の子であれば小学校5年生、女の子は
小学校3年生ぐらいからでいいのではないでしょうか。

子供の髪型ぐらい私が切るわ!という親御さんであればもっと長い間家で散髪
していてもいいと思います。

要は子供が色気づくまでは家で切ったほうが経済的だということで、坊主なんか
だと非常に親孝行なわけです。女の子はそうもいきませんけどね。

ごくまれに小学校にもまだ行ってないような子供の髪型がやたらと決まっており、
しかも色が茶色とか緑とかにしているのを見かけます。

だいたいそういう子供の親の子供もおかしいんですけどね・・・・。

あれはよくないですよね。子供は親のおもちゃじゃないんですから、自分の髪型を
主張する年頃ではないとはいえ、色をつけるという行為は誉められたものではない
ですよ。

色をつけるのもだめならパーマを当てるのも好ましくないのでクセ毛の子供の髪型
となるとセットがちょっと難しくなるかもしれませんね。

小学校ぐらいまではクセ毛は我慢して、中学入学のときになんとかストレートパーマ
をあてて、ごまかすという手も有りますよね、そういう場合。

スポンサーサイト

  • 2014.06.28 Saturday
  • -
  • 23:54
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スポンサードリンク

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
sponsored links
プライバシーポリシー
当サイトは、広告の効果測定を目的として、 クッキーやウェブビーコンを使用し、訪問者の情報を収集しています。 ブラウザの設定により、クッキーを無効にすることで 当方の情報収集を回避することができます。 詳細はこちら
秘密
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM