<< 宴会芸は日本の心‐宴会芸に困っている人必見! | main | 新丸の内ビルディング(新丸ビル)がオープンするって? >>

スポンサーサイト

  • 2014.06.28 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


食の検定-食育を担う新しい資格を考える。

最近は食品の安全についてよく新聞やニュースでも取り上げられることが多くなって
いますよね。我々一般人にダイレクトに関係してくる話題でもあります。

キレる子供が増えたのも共働きが増えて一家団欒で食事をする機会がなくなったから
だとか、インスタント食品ばかりを食べて栄養が偏ってしまっているからというのは
聞いたことがある人も多いのではと思います。

人間にとって欠かせない『食』だからこそ食育の重要性が叫ばれてきており、結果と
して新しい資格制度の【食の検定】なるものができたのではないかと思われます。

そんな日本の食育を普及させるために【食の検定】が出来たわけですが第一回の資格
試験が2007年の6月17日に行われます。

政府も食育の重要性を認めていて、食育を強力に推進するために最近食育基本法を
制定して各自治体でイベントを催しているぐらいですから今後注目される資格になる
ことは間違いなさそうです。

気になる食の検定ですが、食農1〜3級までクラスがあり、6月の試験では全員が食農3級
を受けることになります。その後、食農3級保持者が2級、2級保持者が1級と試験を受け
られるようです。

気になる食の検定の問題ですが【食の検定・食農3級 公式テキストブック】をやって
おけばいいそうです。ちなみに公式テキストは2冊あるようです。

予想では食農3級はそれほど難しくないと思います。あくまで食育を普及させるための
資格なので、難易度を上げても仕方ないことがその理由です。

食育を教える立場になる2級、1級になると難しくなってくるとは思いますが。

どの程度のレベルの問題がでるかはわかりませんが資格試験の第一回ということで、
出題者側も手探り状態なので合格しやすいとは考えられますよね。

試験を受ける人は家庭科の先生をやっている人やその家庭科の先生の希望者、料理
研究家、農業従事者、栄養士さんなんかが食の検定を受けることが予想されます。

もちろん一般の人でも普段の食生活のなかで生かせる知識も多いと思うので食の検定
を受ける価値は十分にあると思いますよ。

スポンサーサイト

  • 2014.06.28 Saturday
  • -
  • 00:39
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スポンサードリンク

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
プライバシーポリシー
当サイトは、広告の効果測定を目的として、 クッキーやウェブビーコンを使用し、訪問者の情報を収集しています。 ブラウザの設定により、クッキーを無効にすることで 当方の情報収集を回避することができます。 詳細はこちら
秘密
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM