<< バイトの面接アドバイス‐面接のポイントは2つだけ! | main | 借用書の書き方‐お金の切れ目が縁の切れ目 >>

スポンサーサイト

  • 2014.06.28 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


外国人コンプレックスなんですよ、実は

皆さんのまわりに外国人コンプレックスの人っていますか?

日本人は結構外国人コンプレックスの人の割合が高いといわれます。

理由は色々ありますが島国で他の国と交流することが昔から極端に少ないことだとか、
英語がまったく話せないこと、敗戦したことの影響が残っているからなんていう人も
いるとかいないとか。

確かに戦後、GHQに支配されていたころの日本は、戦争で負けたという屈辱感と共に
2倍以上はあると思われる外国人(アメリカ人)の体躯に驚いたことでしょう。

この身体的な大きな違いに「(戦争に)勝てるわけないわけだ」と納得したとも
いえるでしょう。こうした状況では日本人が外国人コンプレックスを抱いても仕方の
ないことだと思います。

時は現代に戻って、どうして日本人は外国人に対してコンプレックスがあるのかを
考えるとおそらくこれは単に英語が話せないからでしょう。

日本は恥の文化といわれているように人前で醜態をさらすこと、恥をかくことを極度
におそれる性質があります。

間違ってもいいからたどたどしい英語を話すなんてことは恥ずかしくてできないわけ
です。

世界の共通語といわれる英語を10年も勉強しておきながらこれほどまで話せないという
劣等感も外国人コンプレックスを生み出す原因になるのではないでしょうか。

こうしてい考えると単に日本人の外国人コンプレックスというものは英語に対する
コンプレックスではないかといえるのではないでしょうか。

昔は確かに身体の大きさや容姿に日本人はコンプレックスがあったことでしょう。

脱亜入欧でしたっけ?明治時代は文明や科学技術という尺度で見た場合、明らかに
日本は欧米に対して遅れていたのでそれはもうひどい外国人コンプレックスを抱いて
いたはずです。

今日では、ミスユニバースで日本人が2位になるくらいですから身体的なコンプレックス
は以前に比べてだいぶ減ってきたのではないかと思います。

スポーツの世界では一部あるかもしれませんけど。

日本人にとってはとにかく英語が話せないことが非常に国際的にネックになっています。

いいかえれば英語を話せるようになれば外国人コンプレックスは払拭できるはずです。

スポンサーサイト

  • 2014.06.28 Saturday
  • -
  • 20:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スポンサードリンク

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
プライバシーポリシー
当サイトは、広告の効果測定を目的として、 クッキーやウェブビーコンを使用し、訪問者の情報を収集しています。 ブラウザの設定により、クッキーを無効にすることで 当方の情報収集を回避することができます。 詳細はこちら
秘密
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM