スポンサーサイト

  • 2014.06.28 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


食の検定-食育を担う新しい資格を考える。

最近は食品の安全についてよく新聞やニュースでも取り上げられることが多くなって
いますよね。我々一般人にダイレクトに関係してくる話題でもあります。

キレる子供が増えたのも共働きが増えて一家団欒で食事をする機会がなくなったから
だとか、インスタント食品ばかりを食べて栄養が偏ってしまっているからというのは
聞いたことがある人も多いのではと思います。

人間にとって欠かせない『食』だからこそ食育の重要性が叫ばれてきており、結果と
して新しい資格制度の【食の検定】なるものができたのではないかと思われます。

そんな日本の食育を普及させるために【食の検定】が出来たわけですが第一回の資格
試験が2007年の6月17日に行われます。

政府も食育の重要性を認めていて、食育を強力に推進するために最近食育基本法を
制定して各自治体でイベントを催しているぐらいですから今後注目される資格になる
ことは間違いなさそうです。

気になる食の検定ですが、食農1〜3級までクラスがあり、6月の試験では全員が食農3級
を受けることになります。その後、食農3級保持者が2級、2級保持者が1級と試験を受け
られるようです。

気になる食の検定の問題ですが【食の検定・食農3級 公式テキストブック】をやって
おけばいいそうです。ちなみに公式テキストは2冊あるようです。

予想では食農3級はそれほど難しくないと思います。あくまで食育を普及させるための
資格なので、難易度を上げても仕方ないことがその理由です。

食育を教える立場になる2級、1級になると難しくなってくるとは思いますが。

どの程度のレベルの問題がでるかはわかりませんが資格試験の第一回ということで、
出題者側も手探り状態なので合格しやすいとは考えられますよね。

試験を受ける人は家庭科の先生をやっている人やその家庭科の先生の希望者、料理
研究家、農業従事者、栄養士さんなんかが食の検定を受けることが予想されます。

もちろん一般の人でも普段の食生活のなかで生かせる知識も多いと思うので食の検定
を受ける価値は十分にあると思いますよ。

【アメリカの食べ物】摩訶不思議な食文化

アメリカの食べ物というか食文化といえばまずファーストフードを思いつきますよね。

この前、マクドナルドで人気のメガマックを食べてきたんですが、あれって1つで
800カロリー近くあるので、ポテト、コーラをセットで頼もうものなら一日の摂取
カロリーを一食で取っちゃいそうな感じなんですよね。

アメリカの食べ物って貧相なイメージがあって映画なんてみても朝食はシリアルという
あれはコーンフレークなんですがね?よくわかりませんが牛乳をかけてくちゃくちゃ
食べるもので僕はあれが家畜の餌みたいな感じがして凄くいやなんです。

そいでもって、その国の食べ物つまり、食文化がない国は、おつむの足りない人間の
数が多いような気もするのです。

日本もアメリカの食べ物に影響されてから古来から受け継いでいた日本人の精神みたい
なものが失われたというか、食育が叫ばれるようになったのもアメリカの食べ物が
入ってきてからでしょう。

昔、見たテレビの話ですがアメリカに里帰りした人が母親の料理を食べて「家庭の味
ですよね」と言っていたんですが、そのとき食べていた食べ物が缶詰のスパゲティ!!

母親がやったことといえば麺をゆでることだけでした。アメリカの食文化にある意味
感動した瞬間だったと覚えています。

スローフードと対極に位置するのがアメリカの食べ物といえ、主食からおかずデザート
に至るまですべてセットになった冷凍トレーをレンジで暖めて「ディナーよ〜♪」と
いっているアメリカの食文化には「?」が頭のなかでいっぱいになってしまいます。

アメリカ人が大好きでアメリカのの食べ物として代表的なものに牛肉(ステーキ)
が有名ですが、これについては面白い話を聞いた事があってその内容は日本の神戸牛
が大人気と聞いて、リポーターがお店に実際に食べに行くというものでした。

アメリカ人のリポーターはニューヨークにある人気の神戸牛の店にいったのですが、
メニューを見て「何で牛肉がこんな高い値段なんだ!」とさんざん悪態をついていた
わけです。

どうも牛肉は牛肉、それ以上でもそれ以下でもないというのがリポーターの意見
のようでした。

神戸牛のステーキが運ばれてきてからも「こんな小さな牛肉がこんな高いのか!!」
と文句タラタラだったのですが、ステーキを一口食べていった言葉が「今まで我々が
牛肉だと思って食べていたのは草履のゴムだった」ということです。(笑)

これはアメリカの食べ物と日本の食べ物の文化・レベル・技術の次元の差を魅せつけ
たいい例でしょう。

アメリカの食べ物を馬鹿にしがちなんですが、さらなる恐ろしい食べ物をアメリカ
と違った意味で提供する国がイギリスといわれています。

この話はいずれまたしようと思います。

【フリーダムカップヌードル】気になるCMの謎

たまに食い入るように見てしまうCMってありませんか?最近僕が気になるのはカップ
ヌードルの「フリーダム・カップヌードル〜♪」ってやつです。

宇多田ヒカルが歌っているやつですが次の展開が気になって仕方ありません。

「AKIRA」っていう世界的にも有名な漫画と同じキャラクターデザインだったのと、
ストーリー性のあるCMがずっと気になっていたんですがちょっと調べてみましたよ〜。

そしたら「フリーダム・カップヌードル〜♪」っていっているCMは日清食品の
カップヌードルと漫画家の大友克洋氏による壮大なコラボ企画なんだとか。

CMのストーリーにもちゃんと意味があるわけです。

「どういった設定なの?」ということを知るとフリーダムカップヌードルのCMの
見方がちょっと変わると思いますよ。

さっきからフリーダムカップヌードルのCMって言っていますが、正式名称は
「フリーダム・プロジェクト」といって、日清食品のカップヌードルと漫画家の
大友克洋氏によるプロモーション・プロジェクトです。

「その目的は何か」、「プロモーション・プロジェクトって何だ」と思うかもしれ
ませんが、別にすごいイベントやチャリティなどでもなく、ただの洒落たカップ
ヌードルのCMです。(笑)ちょっとがっかり。

ただし、フリーダムカップヌードルのCMはしっかりとした設定があり、それに
沿って展開されているので今後もどんどんストーリーが進んでいくわけです。

フリーダムカップヌードルのCMの舞台設定としては、

宇宙ステーション「フリーポート」が地球に落下したことにより、地球環境が悪化。
地球では資源をめぐる戦争が勃発し、地球は高濃度の放射能に犯されて人類は壊滅
状態になった。

唯一火星開拓計画の中継地だった月面都市に移り住んでいた人類のみが生き残り、
月面都市「エデン」は人類唯一の都市として発展することになった。

それから100数年が経ち、月面に落下したカプセルから一枚の写真を偶然拾ったこと
により少年タケルの運命が、そしてエデンがひた隠す秘密が明らかになっていく・・・・



地球に恋焦がれる少年「タケル」が本当の真実を求めて管理社会で秘密を隠している
「エデン」に対してどう向かっていくのか?

こんなところがフリーダムカップヌードルのCMの焦点ということになるのでしょうかね?

このハラハラドキドキのアニメストーリーの合間合間にカップヌードルがでてくると
いうちょっとしたサブリミナル的なカップヌードルのCMなわけです。

フリーダムカップヌードルのCMは明らかにカップヌードルの宣伝だということは、
わかると思いますが今流行のオンラインゲームなんかでは、ゲームの世界に自動
販売機などがあってコカコーラなどをゲーム内で買ったりできるなんて話を聞いた
事があります。

オンラインゲームというバーチャルな世界のなかにリアル世界の企業が広告を出して
いるなんてことも徐々にですが起り始めているわけです。

カップヌードルがオンラインゲームのなかで、コカコーラのようにゲームの中に
溶け込んだ広告を出しているかどうかはわかりませんが、今回のフリーダムカップ
ヌードルのCMなんかを見ていると広告じゃなさそうだけど実は広告みたいな感じで
非常に新しいプロモーションだなぁと思うわけです。

「大声で話すより囁いたほうが人は聞き耳を立ててくれる」ということをビジネス
の本で読んだ覚えがあります。

そんなこんなでフリーダムカップヌードルのCMは「フリーダム・プロジェクト」と
いうだけあって、「自由を求めてそれを掴み取れ」というコンセプトでストーリー
はどんどん今後も進んでいくんでしょうね 

うーん 次回のフリーダムカップヌードルのCMが楽しみ♪

【キムチ鍋の作り方】キムチ鍋で寒い冬を乗り切ろう!

冬の風物詩といえば何といっても鍋!冷えた心?と身体に染み入るように鍋の暖かさ
が全身を満たしていきます。

そんな鍋料理のなかでも僕が一番好きなのは『キムチ鍋』。

「辛い・うまい・暖まる」という僕なりの『鍋の3原則』にもキムチ鍋はばっちり
当てはまっています。

キムチの本場・韓国ではキムチ鍋をキムチチゲというそうですが、チゲは鍋という
意味みたいです。(違っていたらすみません・・・・)

キムチ鍋は、唐辛子の辛さと熱による発汗作用があるので、身体の芯から暖まる
冬には本当におすすめの鍋です。

ここで、我が家のキムチ鍋の作り方を簡単に紹介しておきます。

キムチ鍋の作り方手順(我が家の場合)

1、キムチと豚肉(ばら肉)を胡麻油でいためる
2、鶏がらスープをそこに入れる
3、豆腐、きのこ類、ねぎなどをいれます
4、海鮮キムチ鍋にしたいようならここに海老、カニ、イカ、タコなどお好み
  のものをいれてください。
5、味付けはミソとコチジャンをいれ、日本と韓国の味噌のハーモニーで仕上げます。

キムチ鍋の作り方は非常にシンプルなので、料理が苦手な男性でも十分に作れます。

また、キムチ鍋の作り方がシンプルということは、料理の素材(特にキムチ)の
美味しさがキムチ鍋の出来の決め手となりますのでここは妥協しないでください。


ちなみに我が家ではコストコというスーパーに売っている「辛・キムチ」を使って
います。キムチの味も奥が深くそれぞれ好みがあると思うのでこれぞキムチという
ものに出会うまでは色々と試してくださいね。


本場・韓国のキムチ鍋はちょっと作り方は違うようですね。テレビで見たんですが
相当辛そうでした。

東京の大久保というところには韓国料理店が立ち並んでいるので絶品のキムチ鍋
を求めて食べ歩きをしたいものです。本場のキムチ鍋の作り方を教えてもらったら
またブログに載せますね〜。

スポンサードリンク

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
プライバシーポリシー
当サイトは、広告の効果測定を目的として、 クッキーやウェブビーコンを使用し、訪問者の情報を収集しています。 ブラウザの設定により、クッキーを無効にすることで 当方の情報収集を回避することができます。 詳細はこちら
秘密
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM